立川志らら(たてかわ しらら)プロフィール

1997年5月、立川志らくに入門。翌6月、立川志ららと命名された当日、初高座を果たす。
1998年1月、放送作家の高田文夫氏の預かり弟子を兼務しつつ、2002年5月、立川談志の孫弟子として、初の二つ目昇進。NHK新人演芸大賞で、平成20年、22年に本選出場を果たす。平成26年10月から「立川流真打ちトライアル」(全6回)にて、師匠志らくからの課題に挑み、2015年10月1日付で、真打ち昇進を果たす。

立川らく次(たてかわ らくじ)プロフィール

2000年3月、立川志らくに入門。2007年7月、二ツ目昇進。伝統的な古典落語を得意とする一方、教員免許(美術)も持っており、小説新潮、Web現代、週刊モーニング、キネマ旬報などでイラストレーターとしても活躍するマルチな面も持ち合わせている。2016年12月、真打ち昇進を果たす。



ご覧になるにはアドビリーダーがインストールされている必要があります。
アドビリーダーは無料でダウンロードできます。
お電話でのご予約・お問合せは8時から21時までとさせて頂きます。
表示の価格は消費税別となります